飲む日焼け止めって体に悪そうなんだけど副作用とかの危険はないの?

飲む日焼け止めの効果

飲む日焼け止めが今、注目されています。これまでの日焼け止めといえば肌に塗るものが主流でしたが、メディアで取り上げられたことによりその知名度が上昇しました。飲む日焼け止めに期待できる効果には様々なものがあります。

飲む日焼け止めには大きく分けて国産のものと海外産のものとに分けることができて、厳密には主成分も異なります。ですが、どちらの主成分も効果についての違いはそれほどありません。効果としては、一言でいうと細胞が受ける紫外線からのダメージを軽減することです。

私達の皮膚は紫外線を受けるとダメージを受け、様々な反応を示します。例としては、メラニン色素の増加・沈着によるシミ・そばかす、しわ、乾燥、バリア機能の低下、吹き出物、皮膚癌などが挙げられます。光老化といわれるものから癌まで、紫外線が肌に与えるダメージというものは計り知れないものがあります。

このダメージを軽減してくれる効果が飲む日焼け止めにはあります。そして、その効果は全身に及び、日焼け止めを塗れない場所の日焼けや、塗り忘れてしまった場所への紫外線のダメージも軽減してくれます。

従来の塗る日焼け止めは、有害な紫外線が肌に降りかかるのを防ぐことを目的としています。SPFの数値が大きく、PAの+の数が多いほど紫外線を多くシャットアウトしてくれます。紫外線が肌に降りかかるのを防ぐことが塗るタイプの目的なので、飲むタイプとは目的や効果が異なります。

飲むタイプの日焼け止めにはSPFやPAといった記載がありません。それは、紫外線をカットすることが目的ではなく、紫外線で受けたダメージを軽減することが目的だからです。

飲む日焼け止めのメリットとしては、敏感肌の方の日焼け対策として有効であるということが挙げられます。敏感肌の方は強めの日焼け止めを塗ると肌荒れに繋がってしまいます。肌に優しいオーガニックのものもありますが、ケミカルなものと比較するとどうしても紫外線をカットする効果の期待値は低いものとなります。

そこでオーガニックな日焼け止めと飲む日焼け止めを併用することで、敏感肌の方でもしっかりとした日焼け止め・紫外線対策を行うことができます。

飲む日焼け止めで1年中美白をキープ